本とかゲームとか

ワールドサッカーキング様あざーす
wsk.jpg WSK ガナーズスタイル
レビュー的なのはこちら

ボス本出ますよ。
wenger.jpg ヴェンゲル・コード アーセナル、その理想の行方
レビュー的なのはこちら

FIFA 13 ワールドクラス サッカー 初回特典:UT:24ゴールドパックス DLC同梱 & Amazon.co.jp限定 EA SPORTS フットボールクラブ クレジット DLC付き

現在のグナー人数

ブログパーツ

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM


最新エントリー


このサイトはにわか猿が知ったかぶりして、アーセナルについて好き勝手語るブログであります。
正直グナ以外の方にはガチでオススメしません。


アーセナルチケット入手ガイド


Twitter


Arsenal便利マップ


You'll Never Walk Alone JAPAN



「迷宮劇場。」ボスが一連のアルシャビン発言にハイパーな苦言。

ボスが一連の黒シャビン問題について言及しています。
Arsenal.com

ヴェンゲルはアルシャビンがバルサへの強い気持ちを吐露している事について、非常に懐疑的のようだ。

今週、アルシャビンはバルサへ移籍したその時が、自分のキャリアで最高の時となるだろうと語っているが、木曜のプレスカンファレンスでヴェンゲルはそれらの言動はアルシャビンの行動とはかけ離れたものだと語っている。

ヴェンゲルはアルシャビン真の発言を誤訳されたのではないか?と考えているようだ。

「当然私にとっては衝撃的だったよ。彼のアクションが言動とはあまりにも違っていたからね。」ヴェンゲルは語っている。

「彼はアーセナルで契約を延長し、我々と一緒にプレーをしたがっている。うーんなんだろうね。アーセナルにいる彼はとても幸せそうだしね。彼に訪ねるべきだね。その話がどこから来ているのかをね。」ヴェンゲルはジャーナリストに語っている。

「通常君達は直接連絡をとることができるはずだし、その話がどこから来ているかを彼に聞いてみて欲しい。全く構わんよ。しかし、訳されて出て来たようなものに関しては少しばかり距離を置いている。選手を移籍させたいエージェントが絡んでいるようなものはね。

皆話すのは自由だ。だが、まずはクラブに忠誠を誓っているのかをはっきりさせたい。ただ翻訳されたようなものに関してはクエスチョンマークだね。」

しかしながら、これらの引用されているものに関しては非常に疑念をいだいている。ヴェンゲルは事の真意をはっきりさせ、選手がチームを去りたい事を公にすることに関しては許容することは出来ないとしている。

「我々は受け入れる事は出来ない。もしアーセナルにいるのであれば、それはアーセナルの選手だ。他のクラブなら、その他のクラブの選手だしね。選手のプライドというものは、まずは自身のクラブを守ることだと私は信じているよ。」

一昨日の「黒シャビン様夢のバルサにテイクオフ!」発言から突如はじまった迷宮劇場は、
収束する気配をいまだ見せません。

昨日はハイパーな謎の代理人まで登場し
「黒シャビンはバルサへ逝きたい!むしろ逝くべき!」とか言い出しちゃって
収集がつかなくなっている状況の中、それらに対し今度はボスが怒りの反論。

というか、それ依然に

ボスまさに寝耳に水のご様子。

なんか似てるなあと思ったのが、今回のハイパーメディア離婚騒動。

昨日まで仲良くしてたはずなのに、
ハイパーシカトアクトレスな嫁がいつの間にかいなくなって、
「キモイんだよハイパーゲス野郎!」と言ったとか言わないとか、
それをマスコミで知ったみたいなハイパーなシチュエーションと酷似。


でも必ずその裏には黒幕がいて、
そのシナリオを書いてる奴がいるんですよね。

その作家次第で、表舞台の選手も生きるか死ぬかみたいな
状況に追い込まれるってもんで。

とにかく、今この筋書きを書いてる奴が、
ハイパーな作家じゃなきゃだめなんですよお!!!
(炎上)

とはいいつつも、
すでにボロが出まくってるような気もするんだけどな・・・。

まいいや。

ボスも記者に聞いてくれとかいわずに、直接聞けばいいと思うんだけど、
「そういう問題は事務所通してもらわないと困るのでーす」とか言われちゃうんだろうな。
だったらいっそ、選手、監督でTwitterとか始めちゃえばいいじゃん!(安易な発想)

実にラビリンスを彷徨うような不思議な気分ですけど、
これまたハイパーな方向で捉えて行きたいと思います。

ハイパー黒シャビンを夢見て。。。












 

↓あざーす!あなたの そのひとぽちが モチベーション。

人気ブログランキングへ



コメント
いや〜、今年も後わずかです。

saruさん。先ずは、補強・W杯となりますが、saruさんが考える補強ポイントは誰で、どのポジションですか?

今夏はビッグネームがほしいでよね。
FWやGKの補強を希望してますが、トーレスとかビジャが来たらいいですよね〜
相手に与える怖さがあるし、周りのメンバもやりやすくなると思うんですよね。まあ、100%無いと思いますが。。。
でもね、今季の冬にファンニステローイの話が出ました。実際、あの時、獲得してたら今頃。。と思うとねぇ。

まあ、ボスは獲得を宣言してますし、今夏はビッグネームを心待ちにしています。
  • ころちゃん
  • 2010/05/01 12:43 AM
ころちゃんさん、どもですー
補強ポイント!探せばいくらでも出て来そうですが、
この怪我人の多さは異常。ガチでお祓いが出来る人が必須だと思っています。

まあ現実的な話に戻します。

僕はアーセナルしか知らないので、具体的な選手名はちょっとあれですが、

今季限りで汁先生が退職、そしてギャラスもこの時点でノーカウントとすれば、当然CBが必須。ジュルーが戻ってきますが、今シーズンの様子を見る限りバックアッパーは必要。センデロスがそれに満足するわけがないのでここではノーカウントと。ソル軍曹のこったとしても、もう一人は必要かもしれませんね。

それと中盤。誰も出て行かないのであれば、今のままで良いと思いますが、ただデニー覚醒フラグが立っていれば良かったのですが、ぽんこつのままだったので、こりゃあなんとも。というわけで遜色ないソングのバックアッパーが入れば歓喜。

そしてFW。CFはRVPが鉄板、サブでドゥドゥ、右に瀬尾君と男爵。左にロッシーとシャビン。ここにシャマクが来るってことで、余っちゃいますね。でも誰かが出て行くことを想定すると・・・。個人的にはおっしゃるとおりファンニステローイタイプ。ポストプレーに徹しない、足下のしっかりした、パスが来てもモジモジしない、全てが一人で完結出来るストライカータイプが一人欲しいところ。

そして問題のGK。
守護神が一人もいない状況ですが、個人的にはCB補強で前固めてさえくれればなんとかなるんじゃねえかと思ったり思わなかったり・・・。当然穫れるにこしたことはないですけどね。

なんて勝手な事言ってますが、問題は来季から取り入れられるという国籍ルールなんですよね。となると、外国籍の選手をどこまでいけるかってことも関わって来て、多国籍軍のアーセナルには相当やっかいなことになりそうです。

もちろん最終的にはボスに全てを委ねる所存ですが、
今日はちょっとだけ夢を語ってみました。
ま、良く言われている、ありきたりの夢でしたね。。。
  • さる
  • 2010/05/04 4:37 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...