本とかゲームとか

ワールドサッカーキング様あざーす
wsk.jpg WSK ガナーズスタイル
レビュー的なのはこちら

ボス本出ますよ。
wenger.jpg ヴェンゲル・コード アーセナル、その理想の行方
レビュー的なのはこちら

FIFA 13 ワールドクラス サッカー 初回特典:UT:24ゴールドパックス DLC同梱 & Amazon.co.jp限定 EA SPORTS フットボールクラブ クレジット DLC付き

現在のグナー人数

ブログパーツ

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM


最新エントリー


このサイトはにわか猿が知ったかぶりして、アーセナルについて好き勝手語るブログであります。
正直グナ以外の方にはガチでオススメしません。


アーセナルチケット入手ガイド


Twitter


Arsenal便利マップ


You'll Never Walk Alone JAPAN



何も言うまい / プレミア08-09 リバプール v アーセナル



Liverpool 4-4 Arsenal
Barclays Premier League, Anfield
Tuesday, April 21, 2009, 20:00


凄まじい試合でした。

何度「勝った!!」と思ったことか。。。

パブ観戦だったのですが、
絶叫して落ち込んで、絶叫して落ち込んでを何度繰り返した事かと。。。


とりあえず振り返ってみます。

スターティングは

サニャ トゥレ シルベストロ ギブス

     デニー ソング
       
ナスリ  ファブレガス アルシャビン

      ベントナー


ファブレガスがあがったり、下がったり、比較的自由に動いていたようです。

相変わらずスネ夫はピエロでしたが。ま、お前はそれでいいや。


ナスリ、ソングは今日も好調!

そしてもちろん今日の主役はアルシャビン様。
こういう決める時に決めてくれるストライカーが、アンリ以降いなかった。
まさに救世主です!

何も言う事ないでしょう!!

とにかく

あざーっす!!!!と。


ちなみに、デニーは途中ウォルコットと交代しましたが
「あれ、いたの!?」っていう感じで。

いまいちぱっとせず。。。という報告。


さてさて4点を穫ってアウェーで引き分けたガナーズですが、
かなり不満が残る試合でしたね。

なぜなら、勝てた試合だったから!!


点を穫った後のケアがザル。
ギブスはがんばっていましたが、ディフェンスが翻弄されまくり。


それと、時間の稼ぎ方が下手過ぎだって!!orz

ノーガードで打ち合いってのはわかるんだけど、インジュリータイムくらいは

パスをつなぎまくるとか、

選手交代連発するとか、

時間稼ぎの方法はいくらでもあっただろう!?と。

素人ながら、そう思うのですよ。



つか、後半のアディショナルタイム

6分って、長過ぎだろ!!!orz

※パブの画面が途中で切れていて、確か6分に見えた。


穫れたビッグゲームだっただけに、とにかく悔やまれるところですね。
でもね、裏を返せば、土壇場でも追いついてくるリバポーの勢いを、
肌で感じまくった試合でもありました。

強い。気持ちがぱねえっす。

もしかすると、もしかしますよね、今年のプレミアは。


ちなみにこの壮絶な打ち合いで孤軍奮闘した子ギツネ、いやアルシャビン。
ハットならいざしらず、アンフィールドにおいて一人で4ゴールは45年ぶりだそうで。
(間違ってたらすまん)

若干不満が残る結果ではありますが、

もう今日はこれで良しとしましょう!!


そしてもう一度アルシャビン様に言わせてください。


あざーーーっす!!!!!

と。


そして、おめでとう!と。






 

↓あざーす!あなたの そのひとぽちが モチベーション。

人気ブログランキングへ



ギブスの成長に期待大!/ プレミア08-09 ウィガン v アーセナル

あの最初に申し上げておきますが、わたくし猿は、サッカード素人です。
つか猿以下です。

このレビューの趣旨としましては、サッカード素人の猿が、非常に薄っぺらい内容を、なんとなーくそれっぽい言葉でレビューすることで、それっぽく聞こえる、いわゆるフジテレビ系レビューを目指しています。

レビューに対しての「それちげーよ!」とかいうサッカー部の人特有の氷のように冷たい突っ込みは一切受け付けておりませんので、予めご了承ください。m(_ _)m




Wigan Athletic 1-4 Arsenal
Barclays Premier League, The JJB Stadium
Saturday, April 11, 2009, 15:00


アウェーのウィガン戦。

土曜の15:00開始というわけで、残念ながらここイングランドでは放送がないので、
Arsenal TV ONLOINEを視聴。

といっても、音声のみ!!

毎回言ってますが、「TV ONLOINE」とか銘打ってる割には映像がないですから、
ご加入を検討されている方は、それをふまえた上でお申し込みを。


映像がない上に、もちろん英語での解説なので、
そんなに展開が読めない状態での聴取は歯がゆいばかり。
テキストで、少しばかりの状況がわかる程度で。

後で「Match of the day」(サッカーダイジェスト番組)を見て、
「なるほど、わかった」てな感じ。


サクッと前半を見る限り、結構押されてたんでしょうか?
一点取られて、また危ない場面も何度かあったようだし。

アウェーでの立ち上がりの弱い部分ってのが、やはり課題ですね。
スロースターターとも言ってられないというか。
まだマンチェ、リバポーのアウェーが残ってるし・・・。


しかし後半、アデバ、ファンペルシを入れて、結構流れが変わったように見えました。
(ダイジェストだけど)
ヴェンゲルが考える「ガンガン行こうぜ」フォーメーション。
MFを2枚減らして、実質上の3トップ。(いちおうベントナ含)

アルシャビン、ファブレガスも後ろに控えてるわけで、
ウィガンとしては脅威でしょう。

実際アルシャビンが縦横無尽の大活躍。
ほぼ全ての点に絡んでるし、素晴らしい動きでした。

結果4点という大量得点で快勝。

最近のアーセナルの試合は、前半終了時点で負けていても
なんとなく安心して観ていられるんですよね。
それはどこかで、アルシャビンの大爆発を期待してる自分がいるというか。

いい流れは来ています。


でも課題、問題も山積みですな。

まずは攻撃。
ベントナのワントップ?は弱い、まだまだ弱い。
パサー、ポストとしての役割に徹するのはもうそろそろいいだろうよ?と。
今のままじゃアデバの代わりは100年はえーよ!

なんて思ってても、俺は言わないよ。
あのベントナが、意味なく頭を抱える姿が好きなので。。。


それと選手の怪我。

今回の試合でDFジュルーをなくしました・・・。これはきついっすね。
これでCBの控えがノーモアです。
怪我明けのシルベストロに先発という任務はまだ厳しそうだし。
となると、浮上してくるのがソングですかね。
当面先発はシルベストロに任せるとして、最悪の場合ソングと・・・。

よし、なんとかなりそうだ!(対応できるかは別として)


それと左サイドバック、怪我のクリシーの代わりに入ったギブス。
格下相手のカップ戦など、スタメンでの出場は何度かあるものの、
リーグでの試合はやはり厳しいもんがありましたね。

ティーンエイジャーにしてガナーズのスタメンを張ってるってのはすごい事です。
ポテンシャルも相当なもんでしょう。
しかし、至る所で若さが出たというか・・・。


前半のあれ、

完璧レッドでしょうよ?w



でも、この先発の経験は将来相当な財産になるでしょう。
本人にしても、チームにしても。
だから、とにかく今はいい意味で若さを出してくれる事を期待せざる終えません。

だって代わりいないんだもん・・・。orz


これが右だったら、エブエが下がって、事なきを得たんですけどねえ・・・。


まあしょうがない。

ヴェンゲルも言っています。

「20から23歳のフィジカルは26-29に比べたら成長するのは早い。」

「20-23の間、選手は半年ごとに別の人間になっているんだ。」

と。


ギブスはまだ19歳。

この論法からいくと、20歳より成長が早いはず!



次戦水曜日、CL 2leg。

ギブスの4日ぶりの成長に期待しましょう!







 

↓あざーす!あなたの そのひとぽちが モチベーション。

人気ブログランキングへ



We've got Cesc Fabregas! / プレミア08-09 アーセナル v マンチェスターシティ

Home Seat:243 Row:24 Block:008

Arsenal 2-0 Manchester City
Barclays Premier League, Emirates Stadium
Saturday, April 04, 2009, 15:00

ファブレガスが帰ってきた!
これほどまでにスキッパー、ファブレガスの存在が大きいとは思った試合はないかも。

いや、あるか・・・。


この試合、ファンペルシ、エドゥアルド、ナスリ、ディアビーを欠きますが
ファブレガス、アデバヨー、ウォルコットが戻ってきました。


アーセナルは以下のような4-2-3-1のフォーメーション。

        アデバヨー

アルシャビン ファブレガス ウォルコット

      デニウソン ソング

  クリシー ギャラス トゥレ サニャ

        アルムニア


さて前半から完全なアーセナルペースで、このフォーメーションが驚くほど機能。
パスサッカーの見本のような展開で、シティを翻弄です。
そして8分、ファブレガスからの絶妙なFKにアデバヨーが頭であわせて先制!

戻ってきたばかりの二人の得点に、惜しみない拍手。さらには
「アディバヨー♪アディバヨー♪」と「We've got Cesc Fabregas!」の
二人をたたえるチャント。

アウェー側では「フーオーヤー!」の大合唱。


後半、追加点が欲しいガナーズ、またもやファブレガスからのパスをアデバヨーが持ち込み、相手キーパーをかわして、確実にゴール!やはり、FWにはこれくらいの余裕が欲しいところです。


シティは後半完全にベラミー、ロビーニョが消えてましたね。
そんだけ押さえ込まれていたということでしょうが、
シティって9月からアウェーでは一勝もしていないんですよね(引き分け含む)
その理由でかはわかりませんけど、相当選手のモチベーションは低く見えましたね。
そういう意味では、まあ、ホーム側に分があったということでしょうか。


それにしても、復帰した二人の大爆発に明るい未来が垣間見えた我らがガナーズ、
その後も、ウォルコットの裏を取る動きや、デニウソン、ソングの底での動きなど、
点にはつながりませんでしたが、やることなすことうまくいくという展開に、
久々心から楽しめた試合でした。

後半、怪我明けの3人を下げ、エブエ、ベントナー、ラムジー投入で
皆さん期待に違わぬ動きで相手を翻弄。なのですが、

エブエはあんだけゴール前まで単独で切り込んでいくんだったら、
パス相手探す前に、

そのまま打っちゃえよ!と。


それと我らがスーパーベントナー。

いやあ、これまた世界を代表するポスター(造語)に違わぬ素晴らしいポストっぷりで、
大事に大事にパスをまわそうとしている姿は見事!(FWだけど。)

また、ゴール前でのクロスにあわせず、みすみすシュートチャンスをスルーしながら
両手を広げるポーズには、大物の風格が漂ってきてますよ。(FWだけど。)

最近ではサポーターの皆さんも彼のキャラを理解してきたらしく、
もうドリフのコントを見る感じですよ。(サッカー選手だけど。)

彼がゴール前でドリブルを始めたときなんかは

「とられるぞ、とられるぞ、とられるぞ、あーとられたあ〜」(爆)

と、思いっきりボールとられてるのに、観客みんな笑顔でスルー、
この殺伐としたスタジアムの中にも、ほのぼのとする心温まる瞬間です。



しかし、チームメイトの皆さんには一言いいたい!


彼がボールもって

ゴール前に切れ込んでいった時くらいは、

一人くらいは付いていってあげてください!



「スーパーベントナー保存会」からのお願いです。



しかし、こんなこと言ってられんのも、今回素晴らしい勝利だったからなんだよなあ。
これからの過密スケジュールの中の怪我人続出の中のやりくり、ヴェンゲルの采配に期待です。






 

↓あざーす!あなたの そのひとぽちが モチベーション。

人気ブログランキングへ



フィジカルは大事だ / プレミア08-09 ニューカッスル v アーセナル

Newcaslte United v Arsenal


Newcastle United 1-3 Arsenal
Barclays Premier League, St James' Park
Saturday, March 21, 2009, 17:30

アウェーのセントジェームスで行われたニューカッスル戦。
さすがに行けないんで、SETANTA Sportsでネット観戦。

SETANTA Sports
※Sky以外の試合をカバーしている、
アイルランド系のスポーツ専門チャンネル

今回は放送が観れただけラッキーです。

というのも、何度も言っていますが、

ここイングランドでは

プレミアは全試合放送していません。
orz

サッカー母国にしてこのありさま・・・。

というわけで、観れない場合は違法のネット放送に頼るしかないんです。
↑まだトライしてませんが・・・。


さてさて、前半はニューカッスルがホームの利で「がんがんいこうぜ」モード。
一方のアーセナルは「いのちをだいじに」

とにかく必死で止めるのが精一杯の中、アルムニアが相手を倒してしまい
不運のペナルティを与えてしまいます。
しかし、自分のケツは自分で拭くとばかりのスーパーセーブ。

助かった・・・。


後半、見違えるような動きのガナーズ。
というか、ニューカッスルの足が止まっちゃった感じで形勢逆転。

「がんがんいこうぜ」使い過ぎで、HPもなくなり
MPすら使えなくなったってとこでしょうか。

アルシャビンのドンピシャのフリーキックから
我らがスネ夫、奇跡のヘッドで先制点ゲトー!

なんと4人も駆け寄ってきたよ!!(いつもの4倍!)

しかし、スネ夫の努力もむなしくその直後マルティンに同点弾を決められ
あっという間に同点・・・。

ローマ戦に続き、またもやギャラスのクリアミスか・・・。

吠えてばっかじゃだめだろ。。。


でも、その後が今までとは違うところ。

足が止まらないアーセナルは怒濤の攻め。
63分ディアビー、66分ナスリの立て続けのゴールで勝負あり。


最下位争いを繰り広げているニューカッスルですが、
PK外したり、テイラー不在時のゴールだったりと、不運が続いた感じですが、
やっぱり勢いと、体力差が相当ありましたね。

テクニックも大事ですが、それ以前に

90分走り続けられるか?られないか?

プレミアにおけるフィジカルの大切さを非常に実感した試合でした。


それと、スネ夫のゴールの外しっぷりもだんだん様になってきましたよ。

いつも、驚異的なほどのミスで我々の度肝を抜いてくれる26番ベントナ君ですが
今回のように、温かく見守れるほどの余裕で勝利してくれればいいんですけど・・・。








 

↓あざーす!あなたの そのひとぽちが モチベーション。

人気ブログランキングへ



KY爆発! / プレミア08-09 アーセナル v ブラックバーン

Arsenal 4-0 Blackburn Rovers
Barclays Premier League, Emirates Stadium
Saturday, March 14, 2009, 15:00

Ooijer 2 (og), Arshavin 65, Eboue 88, 90 (pen)



ここイギリスでは土曜日午後三時の試合は中継がない。

よって、Arsenal TVに契約か
スタジアムに行くしかないんだけど
Arsenal TV つっても、実際はリアルタイムの映像は放送してません。
こんなのTVでもなんでもなくって、実際は音声を垂れ流してるだけ!

完全にラジオだよ、これ。。。orz

間違って契約しちゃったけど・・・。


ま、そんなわけでのスタジアム。

最近は不景気及び、ガナーズのふがいなさもあり
比較的容易にゲット出来るチケットですが、
今回はなんとゴール裏一列目です。

また出た大当たり!

と云いたいところですが、

選手とゴールと距離感はつかめないし、
後半の向こうのゴール前での出来事が一切わからずで
まあ、一長一短はあるな、やっぱな。。。



とはいいつつも、ゴール裏ではっきりとベントナの不甲斐なさと
アルシャビンの輝きっぷりを見届けさしていただきました、はい。

いやあ、今日のアルシャビンは激しく良かった。
3、4戦目にして、ようやくプレミアに慣れてきたようで、前半からキレシャビン。

それと忘れちゃいけない怪我から復帰のウォルコット。
この切り込み隊長2人の活躍で、攻撃に幅が出てきたことで、
比較的余裕の勝利。(下位チームだけど)


「ボールを持てる選手がいるって、幸せだなあ・・・。」

を、隣のブロックに陣取るアウェーのサポを野次りながら実感です。


FWにもかかわらず、ポストプレーのみ!
では、今後生き残っていけないと思うよ。

(シュートをあえて決めない君へ、俺からのささやかなアドバイス)


それとまたもややってくれました、我らがKY将軍えぶえ!

後半アネルカ、インザーギもびっくりのゴッツァンシュートの後は
勝手に走り出さないでアルシャビンに抱きつきべきだったし、

PKは何故えぶえだったのかも永遠の謎で、
素晴らしきKYっぷりを存分に発揮するあたりは、やはりえぶえ節健在!


PKは何故にえぶえ?を前向きにとらえるとするならば

単純に「俺に蹴らせてみろ!!」っていうKYな人が、
いや、ポジティブな人がえぶえ以外一人もいなかった。



今までサポーターからもブーイングを受け続けていた彼に、
「おいえぶえ!お前が蹴れ!俺たち仲間じゃないか!」という
山下真司ばりの素晴らしき仲間意識から、みんなでえぶえにチャンスを与えた。


のどっちかなんだろうけど、

俺は断然後者だと思うぞ!

これは完全に「アーセナル」のゴールですよ。。。



いずれにせよそういうことが出来てるってのは
余裕が出てきた証拠!

このままつっぱしちゃいなさいよ!(4位まで)




次戦は来週火曜(現地時間)FAカップハル戦です。
乞うご期待!






 

↓あざーす!あなたの そのひとぽちが モチベーション。

人気ブログランキングへ



混ぜるな危険!アーセナル3戦を徹底分析!!ウソ

いやあ、やばいやばい。。。

近年まれに見る忙しさ。

てなわけで、更新が滞りまくっておりましたが、
ぼちぼち再開してみっか。と。

今までサンダー、フラムと立て続けに観戦出来、(サッカー興味ない人無視)
非常に思う所もあったんだが、
今更振り返ってもどうってことねえので、やめとく。




サンダー、フラム戦に関して言えば、


「ベントナー!!貴様っーーーーー!!!グフォ!!ヴァーー!!」


につきるだろう。


チャンスは逃す、ゴールを狙わない。
むしろ相手ゴール前で鉄壁の守備。


だったのだが、俺は超誤解していた。
彼の事を。

3-1で快勝したW.B.A戦。

勝利の立役者は間違いなく彼。

そう。俺は気付いたのだ。
気付いてしまったのだ!!

ベントナー様は、孤高の天才。

だったってことを。


他のストライカーと一緒にしちゃいけない。

混ぜるな危険ストライカー

だったのだ。

なんだあのノビノビ感。

ロビンやデバヨーがいないと、こうも素敵に動けるものかと。



それと平行して、やっぱりスネ夫野郎だったこともこれまた判明。


強者にはこびへつらい、

弱者はとことんまで叩きつぶす。



あー素晴らしきかな、デンマーク人。


そんなわけで、今日のFAカップ、

相手が結構弱者だけに期待大!

だぜ!


監督!今日はベントナのワントップでお願いしまーっす。

はい、それではいってきまーっす。








 

↓あざーす!あなたの そのひとぽちが モチベーション。

人気ブログランキングへ



リアクション王えぶえ劇場に場内騒然。/ プレミア08-09 トットナム v アーセナル

Tottenham Hotspur 0-0 Arsenal
Barclays Premier League
Sunday, February 08, 2009, 13:30

ノースロンドンダービーをハイバリーのPub「The gunners」で。
宿敵スパーズ相手だけに、超満員。

にもかかわらず、

試合は

アデバヨーの「走っただけで肉離れ」という
プロにはあるまじき自作自演的怪我と、


リアクション芸人えぶえの、
過剰なリアクション芸によるレッド退場により



それはそれは寒い内容に。


レッドえぶえが与えたダメージはそれだけでは収まらず、

約一年ぶりベンチ入りしていたエドゥアルドと
ロシアンラスト小エンペラー、アルシャビンの出番も
フォーメーションの関係でなくなってしまい、
特に盛り上がりもないまま、「ニルニル」で終了・・・。


アフリカでは、えぶえさんのような空気の読めない芸風が人気なのかもしれませんが
ここでは流行っていないんで、とっとと移籍先探すか、
アフリカでぴょんぴょん跳ねといてください。


本当に、

心の底からお願いします。



一アーセナルファンの切実なる願いです。orz









 

↓あざーす!あなたの そのひとぽちが モチベーション。

人気ブログランキングへ



はあ〜 カックン。/ プレミア08-09 アーセナル v ウエストハム



Arsenal 0-0 West Ham United
Barclays Premier League, Emirates Stadium
Saturday, January 31, 2009, 15:00

スタジアム最上段は全体が見渡せて、ゴール裏なんかとは違う良さがある。

しかし突風吹きすさんで寒すぎ・・・。
これから雪降るっていうんだから。(**


さてさて、ハム とのロンドンダービー

ホームってことと、相手のミスも手伝って、
ポゼッションだけなら7割くらいあったんんじゃないの?(知らないけど)
パスも良く回って、ゴールまでいける。


んだが、その先がない・・・。


「ドローで御の字」下がり気味のハム相手に
どうしても攻めきれないガナーズのこれは
今シーズン通じて「よくある」展開。

こんなときは得てして点が入らない・・・。orz

ムラのあるアデバヨーも、絶好の機会をみすみすミスしてダメな感じ。
本日は調子の良くない日のようだ。(この人やる気あんの?)

とりあえず温かく見守るしかないのだが、
最後まで温かく見守って終了のホイッスル・・・。

0-0。

勝てた試合を落とした。

また落とした。


んだかなあ・・・。

本日もフラストレーションたまりまくりでとぼとぼと。


さて反省。

パス回しが単調すぎ。
メリハリがない、工夫がない、トリッキーさがない、
なによりスピードがない。

クリエイティブさのかけらもないのだよ、今のアーセナルには!


これじゃあ、ハムに簡単に詰められるのも当然だって。

サイドに張ってたベントナーがボール持ったときなんて
おそるおそるドリぶってるもんなあ・・・。

練習生かよ!みたいな。


今のガナーズには田中達也みたいなのが必要だ。

とにかくボールが持てる奴。
とにかくゴールに向かう奴。

それがアルシャービンなんだろうけど、
交渉もどうなることやらだ。。。


ヴィラもまけたんで、ここで勝っておけばポイント差は詰められたのにと
悔やんでも悔やみきれない、そんな昼下がりなのでした。


はあ〜 カックン・・・orz







 

↓あざーす!あなたの そのひとぽちが モチベーション。

人気ブログランキングへ



首の皮一枚!/ プレミア08-09 エヴァートン v アーセナル

Everton 1-1 Arsenal
Barclays Premier League, Goodison Park
Wednesday, January 28, 2009, 20:00

最近はめっきりアーセナルのブログなってますが、
とりあえずいきますか。

エヴァートン戦。

今シーズン、ガナーズにとって非常に分が悪いアウェーマッチ。

先日の格下カーディフ戦を0点で引き分けたことで露呈した
アーセナルの極東化は、後半戦を闘っていく上で非常にやっかいな問題。

そこでアルシャビンの移籍なのだろうが、これも決定的な発表がまだない。
つか、FWよりも手薄な中盤の補強も必須なんだがなあ・・・。
デニウソンじゃ厳しいってば。

はいエヴァートン戦。

この試合、TV放送やってません。

変です。変なのです。

人気があるチームだからとかはTV放映に関係ない国なのです。

そなわけで、イングランドにいながら
サイトで結果を知るという悲しい実態。

20:00KO、22:00時点で1-0でエヴァートン。
この時点でふて寝を決め込んでいたんですが、
グナーの知り合いから突然ショートメールが。

It's a Big Relief!

助かった!とか、安心した!とかの意味なんですが

サイトを再度チェックするとなんと1-1に!

うおーーーーーー!!!!!!


どうやらファンペルシが土壇場で決めてくれたようで。

これでまた首の皮一枚つながりました・・・4位圏内に。


次の日の新聞にはちっちゃくこんな見出し。

Van Persi got Arsenal off the hook at Goodison Park.

ファンペルシがグッジソンパークでアーセナルの危機を救った!!やったじゃん!


記事を読むと

「ファンペルシの一発のおかげで6位のエヴァートンとのポイント差はそのまま!よかったね!」

とのこと。

内容は上位4強との比較ではなく、
下につけているエヴァートンとのポイント差についてでした・・・。


イングランドはすでにそんな論調です。orz







 

↓あざーす!あなたの そのひとぽちが モチベーション。

人気ブログランキングへ



首の皮一枚!/ プレミア08-09 エヴァートン v アーセナル

Everton 1-1 Arsenal
Barclays Premier League, Goodison Park
Wednesday, January 28, 2009, 20:00

最近はめっきりアーセナルのブログなってますが、
とりあえずいきますか。

エヴァートン戦。

今シーズン、ガナーズにとって非常に分が悪いアウェーマッチ。

先日の格下カーディフ戦を0点で引き分けたことで露呈した
アーセナルの極東化は、後半戦を闘っていく上で非常にやっかいな問題。

そこでアルシャビンの移籍なのだろうが、これも決定的な発表がまだない。
つか、FWよりも手薄な中盤の補強も必須なんだがなあ・・・。
デニウソンじゃ厳しいってば。

はいエヴァートン戦。

この試合、TV放送やってません。

変です。変なのです。

人気があるチームだからとかはTV放映に関係ない国なのです。

そなわけで、イングランドにいながら
サイトで結果を知るという悲しい実態。

20:00KO、22:00時点で1-0でエヴァートン。
この時点でふて寝を決め込んでいたんですが、
グナーの知り合いから突然ショートメールが。

It's a Big Relief!

助かった!とか、安心した!とかの意味なんですが

サイトを再度チェックするとなんと1-1に!

うおーーーーーー!!!!!!


どうやらファンペルシが土壇場で決めてくれたようで。

これでまた首の皮一枚つながりました・・・4位圏内に。


次の日の新聞にはちっちゃくこんな見出し。

Van Persi got Arsenal off the hook at Goodison Park.

ファンペルシがグッジソンパークでアーセナルの危機を救った!!やったじゃん!


記事を読むと

「ファンペルシの一発のおかげで6位のエヴァートンとのポイント差はそのまま!よかったね!」

とのこと。

内容は上位4強との比較ではなく、
下につけているエヴァートンとのポイント差についてでした・・・。


イングランドはすでにそんな論調です。orz







 

↓あざーす!あなたの そのひとぽちが モチベーション。

人気ブログランキングへ



| 1/3PAGES | >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...